磯釣り

%e7%a3%af%e9%87%a3%e3%82%8a

磯釣りは、磯で釣りをすること全般を指します。

磯の中でも小磯、荒磯とあり、釣る魚の種類も違います。

小磯は岸に近い岩場のことを指し、手軽に楽しむことが出来るのが特徴。

荒磯は沖側の岩場のことを指し、足場が悪い。

いずれにせよ堤防釣りとは違って危険を伴う釣り方となります。

その磯釣りの代名詞といえばウキフカセ釣り。

ウキを使って魚のアタリを取り、またウキを潮の流れに乗せることで広範囲を探れる理にかなった釣り方です。

海釣りの中でも非常に高度な釣りのため、初心者の方には難しいですが、そのゲーム性の高さから多くの釣り人を魅了しています。

狙う魚の花形はメジナとクロダイ。

特にメジナは生息数が多く、腕前による釣果の差が如実に出るので、こぞってターゲットにされます。

しかもメジナは特別引きが強く、大物を釣り上げるにはテクニックが必要なため、釣り人を夢中にさせるんだと思います。

さて、そんな楽しい磯釣りですが、大自然を相手にするので危険は付き物。

スパイクシューズとライフジャケットといった安全装備は忘れずにご用意ください。

荒磯は危険を伴うが、大自然の中で釣りを楽しむのが大きな魅力もあります。

磯釣りは石鯛など釣る魚のサイズが大きく、竿が引いた時の手応えも存分に楽しめる。


ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住の38歳 今でこそジギング、アジング、メバリング、テンヤ、タイラバ、色々やりますけど、数年前まで釣りなんてエサをチャポンと投げてボーっとしている面白みのない道楽だと思っていたのですが、海のある街に住んだ事でその考えが一変! 実は釣りって面白い!