揃えておきたい必携釣り道具!

tsuridougu

週末に友人と堤防釣りを計画、そんな時は一万円もあれば竿とリールを数セット、必要な道具も揃えることができます。
釣りは意外にお金は掛からないものなんです。

【パックロッドセット】

釣り方にこだわらなければ、釣具店で格安販売されているパックロッドセットで十分。

使いやすいコンパクトロッドと糸付きリールの組み合わせなので、このセットでウキ釣りもチョイ投げもでき、小メジナやウミタナゴ、シロギスやマハゼなどいろいろな魚が狙えます。

価格は1セット1,500円~2,000円程度、釣りを試してみたい方にはありがたい値段です。

 

【仕掛け各種】

パックロッドセットだけでは釣りはできないので、仕掛け類も揃えてください。

チョイ投げ仕掛けならオモリ付き天秤数個と仕掛け数セットで千円程度ですし、ウキ釣り仕掛けならもっと安くて、玉ウキと糸付きハリで数百円。

加えて、ヨリモドシとスナップ付きサルカンを買っておけば、簡単なウキ釣りとチョイ投げを楽しむことができます。

 

【便利道具】

竿とリール、仕掛けが揃ったら、後は水汲みバケツとクラーボックスも必需品。

釣り用の水汲みバケツは、鉛が内蔵されており、水に落とせば自然とバケツがひっくり返る、大変水が組みやすい構造となっています。

ただのバケツではほとんど水が汲めませんので、数百円で買える安いものですから必ず買うようにしてください。

そしてクラーボックスは、小魚を入れるだけなら発泡クーラーで十分。

数百円で買えますし、意外に丈夫なので何度も使えます。

ペットボトルを凍らせた氷を入れて、釣れた魚を海水と一緒に入れて保存してください。

 

【ルアー】

ルアーを釣り場に持って行くと何かと頼りになる存在です。

例えばルアーをひとつ持っていれば、不意にカマスや回遊魚に遭遇した時でもすぐに対応できます。

おすすめのルアーはメタルジグです。

メタルジグは鉛製の重たいルアーなので、コンパクトロッドでも操作がしやすく、さらにカマスをはじめとして多くの魚を狙うことができます。

値段も一個数百円と安いので、ついでに買っておくといいでしょう。

 

【釣り指南書】

初心者の方は特に、釣りの指南書を一冊持って行くと何かと便利です。

必要な道具や狙いの魚特有の釣り方、仕掛けの作り方、釣り場情報etcが非常にわかりやすくまとめられているので、困ったとき、何よりのお助けアイテムとなります。

移動中に読んでおけば、手持ちのアイテムで足りないものがわかるので、現地の釣具店で何を買い足せばいいのかも一目瞭然。

一冊千円程度で購入できます。

 

【まとめ】

パックロッドセット×2で4千円、仕掛け各種で2千円、水汲みバケツと発泡クーラーで千円、ルアー(メタルジグ)ふたつで千円、釣り指南書一冊で千円、釣りエサ代が千円、合わせて1万円で釣りを始められます。

この組み合わせなら、安いパックロッドでも様々な魚が狙えるのでかなりお得だと思います。

あれもこれもと揃えるとお金が掛かりすぎてしまうので、まずはこんなところから揃えてみてはいかがでしょうか?

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住の38歳 今でこそジギング、アジング、メバリング、テンヤ、タイラバ、色々やりますけど、数年前まで釣りなんてエサをチャポンと投げてボーっとしている面白みのない道楽だと思っていたのですが、海のある街に住んだ事でその考えが一変! 実は釣りって面白い!