海上釣り堀

海上釣り堀

海上釣り堀とは、海上に10メートル角程度の筏と深さ10メートル程度の網で作られた囲いに魚を入れた施設のことです。

利便性から陸続きの釣り堀も多く、足場も安全なことが多い。

そのため、家族連れや女性客などにも利用しやすい施設になっている。

マダイやシマアジ、ブリ、アジ、イサキ、ヒラメなど様々な魚が入れられており、それらの魚を主にウキ釣りで狙います。

基本的に波の穏やかな湾内に設置された囲いの中に、たくさんの魚が入っているので釣ることは比較的容易で、しかも大物が多いため、初心者でも簡単に大物釣りが楽しめます。

また、竿やリールといった道具一式も貸し出していることが普通なので、手ぶらで行っても釣りができるのが嬉しいところ。

ただし、海上釣り堀の利用料金は少々高く、1万数千円掛かることが普通。

贅沢に、大物釣りを気軽に楽しみたい、そんな時の利用がおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住の38歳 今でこそジギング、アジング、メバリング、テンヤ、タイラバ、色々やりますけど、数年前まで釣りなんてエサをチャポンと投げてボーっとしている面白みのない道楽だと思っていたのですが、海のある街に住んだ事でその考えが一変! 実は釣りって面白い!