必ず実践したい釣り場のマナー!

マナー

釣り場は公共施設なので、釣り人ひとりひとりがマナーを守らなければなりません。

マナー違反をしてしまうと、他の釣り人とトラブルになってしまいます。

逆にしっかりとマナーを守っていれば、トラブルレスで釣りが楽しめますよ!

 

%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%95%e3%81%a4

【先釣者にひと声掛ける】

釣り場に誰もいないなら好きなように釣りはできますが、釣り場には大抵、先釣者がいるものです。

狭い釣り場で、先釣者の方の隣に入る際は必ず、ひと声かけて挨拶をしてください。

挨拶もなしにオマツリなどのトラブルを起こしてしまうと、当然ながら先に竿を出していた人間は面白くありません。

「お隣失礼します」ぐらいの挨拶で十分なので、必ずひと声かけて、釣りのトラブルが起きても人間トラブルにまで発展しないようにしてください。

 

 

%e6%b3%a8%e6%84%8f【必ず周囲に注意する】

仕掛けを投入する際は、必ず周りに注意を払ってください。

例えば、後ろに人がいることに気がつかずに仕掛けを投入してしまったら、洋服にハリが掛かってしまうぐらいならまだいいですが、例えばハリが目に掛かってしまえば失明してしまうかもしれません。

そうなればもちろん、ハリを掛けてしまった釣り人が補償をしなければならなくなり、お互いに多大なる損失を負うこととなります。

また、釣り場は子供が走り回っていることも多いので、仕掛けの投入時には特に注意してください。

人が多い場合は「投げます」と言って周りに注意を喚起するだけでも、危険度はまったく違います。

くれぐれも、他人にハリを掛けないようご注意ください。

 

 

%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9【食べない魚はリリースする】

たまに、アイゴやフグ、ゴンズイなどを釣ったらポイッとその辺に投げ捨てる人を見かけます。

その人にとっては取るに足らない存在の魚なのでしょうが、魚を打ち捨てて殺すということは、人間でいえば溺死させるようなものです。

人間の勝手で釣った魚の命を粗末に扱うのはあまりにも酷なこと。

それに、アイゴやゴンズイは死んでも毒を残すので、誤って踏んでしまい、毒棘が靴底を突き抜けて足に刺さってしまった、実際にそんな事故も発生しています。

釣っても食べないのなら、魚は必ず海へリリースしてください。

それが釣り人の情けというものです。

 

 

%e6%b8%85%e6%8e%83【汚したコマセを洗い流す】

ウキ釣りやカゴ釣り、サビキ釣りはコマセを使用します。

コマセを使えば、気を付けててもどうしても釣り場を汚してしまうもの。

釣りが終わったら、せめて水汲みバケツで洗い流すぐらいのことをするのがマナーです。

できれば、ブラシでキレイにする程度のことはしてほしいと思います。

釣り場が汚れれば悪臭が漂いとても不潔です。

コマセを使ったのなら必ず洗い流してください。

 

 

%e3%83%9d%e3%82%a4%e6%8d%a8%e3%81%a6【その他、当然のマナー】

釣り場の近くには当然、民家もあります。

いくら楽しくても騒いでしまうと、近隣住民にとっては迷惑そのものです。

大騒ぎは絶対にしてはいけません。

また、ゴミを持ち帰るのは当然ですし、吸ったタバコを海へ投棄することも絶対にやめること。

立ち小便も悪臭の原因になるのでやってはダメです。

ここで書いたことは当たり前のマナーですから、しっかりと守ってください!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住の38歳 今でこそジギング、アジング、メバリング、テンヤ、タイラバ、色々やりますけど、数年前まで釣りなんてエサをチャポンと投げてボーっとしている面白みのない道楽だと思っていたのですが、海のある街に住んだ事でその考えが一変! 実は釣りって面白い!