釣行後はしっかり水拭き&水洗い!

%e7%ab%bf

釣行後、竿やリール、その他の釣り具をそのままにしていませんか?

洗わずにいると海水の塩分でベトベトになり、ニオイもひどくなります。

また、塩分によって劣化が激しくなるので、釣行後は必ず釣り具を水拭きか水洗いしてください。

そうすることで、竿もリールもアイテムも、長持ちさせることができます。

 

%e3%82%ac%e3%82%a4%e3%83%89【竿は特にガイドをよく洗う】

竿で一番劣化しやすい部分がガイドです。

ガイドは金属を使っていますし、海水を含んだ道糸に触れるので、手入れをしないとすぐに腐食してしまいます。

清掃を怠ると、最悪、ガイドがポロリと獲れてしまうことも・・・。

なので釣行後は、濡れ布巾で特に丁寧にガイドを拭いてください。

また、たまにで十分ですので、歯ブラシで清掃してやると非常に効果的。

大切に扱ってやれば、その分、竿も長持ちしてくれます。

 

%e7%ab%bf%e3%81%a8%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%ab【リールは必ずオイルアップ】

リールは構造が複雑なので、海水が入り込み、塩分が結晶化してしまうと機関部が塩噛みしてしまい、回転性能が著しく劣化します。

特にリールはたっぷりと海水を含んだ道糸が巻いてありますので、塩分が次第に機関部へ入り込んでしまうものです。

そこで、釣行後は水洗い対応機種はザッと水洗いして、塩分と汚れを洗い流すこと。

水洗いに対応していない場合は、濡れ布巾でよく塩分と汚れを拭き取ってください。

また、釣具店に行けばリールオイルが売っているので、ひと月に一回程度、回転部へオイルをさしておくとスムーズな回転が長続きします。

 

%e9%81%93%e7%b3%b8【道糸は塩抜きすれば長持ち】

道糸に使われる素材はナイロン、PE、フロロカーボンといったところです。

釣りをすればこれらの糸にも塩分が付着するので、釣行後は必ず洗い流してください。

特にナイロンは傷みやすい素材なので、塩抜きしてやることでナイロンの劣化を遅らせることができます。

具体的には、リールから道糸をラインリサイクラーなどで巻き取り、巻き取った糸を水にひと晩漬ければ塩抜き完了です。

後は陰干ししてから、リールに巻くようにしてください。

道糸は値段の張る釣り具のひとつ、大切に使えば非常に経済的です。

 

%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9【クラーボックスの洗浄】

クラーボックスは釣れた魚を入れて置く保管庫なので、特に清潔に保ちたいもの。

しかし、使えば使うほど庫内は痛み、ニオイが付いてしまいます。

そのため、クラーボックスに魚を入れたら、必ず食器用洗剤で洗ってください。

食器用洗剤は、油汚れを分解してくれるので、魚から出た血やヌメリ、油分もしっかりと洗い流せます。

それでもニオイが付いて取れないようなら、クラーボックス用の洗浄剤が釣具店で売っています。

それを使えばニオイも取れ、衛生状態も完璧です。

毎回きちんと食器用洗剤で洗い、極力クラーボックスにニオイが付かないようにしてくださいね。

また、クーラーボックスは風呂場が洗いやすいですよ!

 

%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%bcほかにも、例えばルアーを使ったなら、水洗いをしないとフックがすぐに錆びてしまうのでとっても不経済。

基本的には、どんな釣り具も一度使ったら、洗うことを心掛けてください!

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住の38歳 今でこそジギング、アジング、メバリング、テンヤ、タイラバ、色々やりますけど、数年前まで釣りなんてエサをチャポンと投げてボーっとしている面白みのない道楽だと思っていたのですが、海のある街に住んだ事でその考えが一変! 実は釣りって面白い!