覚えておきたい釣り用語!

%e7%94%a8%e8%aa%9e

釣りは専門用語がたくさんあります。
覚えておきたい釣り用語はたくさんありますが、あまりに膨大なため、すべてを紹介することはさすがに無理。
そこで、最低限覚えておきたい釣り用語を幾つか紹介します。
これらを覚えておけば、釣具店の店員さんのアドバイスや、釣り師の皆さんとの会話に困らないはず!?

 

【聞く】

釣り用語で聞くとは、耳を傾けるという意味ではありません。
例えば投げ釣りで、置き竿にしておいた仕掛けに魚が掛かっているかどうか確かめる行為を聞く、もしくは聞き上げると言います。
この用語はわりとよく使うため、覚えておいてください。

 

【時合(じあい)】

時合とは魚の活性が上がり、魚がよく釣れる時間のこと。
釣り人同士の会話では頻出ワードなので、必ず覚えてください。

 

【潮が当てる】

ウキ釣りやカゴ釣りをしていると、「当て潮で釣りにならんよお」という言葉が聞かれます。
当て潮とは手前に寄ってきてしまう潮の流れのことです。
ウキ釣りをする方ならよく使うと思うので、ぜひ覚えておきたい用語のひとつです。

 

【シモる】

例えばウキ釣りで、ウキが沈みそうで沈まない、海面に顔を出すか出さないかぐらいの状態のことをシモると表現します。
また、そのような状態の根のことをシモリ根と言います。
ウキ釣りでは常識的な表現なので、しっかりと抑えてください。

 

【スレる】

魚が、釣り人の仕掛けを見切って釣れなくなることをスレると言います。
重要な釣り用語なので必ず覚えてください。

 

【ソコリ】

ソコリとは、潮の満ち干きで、その日最も潮が引いている状態のことを指します。
ウキフカセ釣りなど、特に潮を重視する釣りでは頻出するワードです。
覚えておいて損はないと思います。

 

【タモ】

ハリに掛けた魚をすくう網のことをタモと言います。
これは常識なので、必ず覚えてくださいね!

 

【ベタ底】

ベタ底とは、海底ベッタリということです。
ウキフカセ釣りなど、魚が釣れない時に仕掛けをベタ底に設定すると、不意に大物がバクッと食ってくる時もあります。
わりとよく使うので、しっかりと理解してください。

 

【ボウズ、オデコ、アブレ】

どの言葉も魚が釣れなかったことを指します。
釣り場にいる釣り師に釣果を聞けば、ぼそっと「オデコよ、今日は」と返ってきたりします。
これらの表現はしっかり覚えておきたい釣り用語です。

 

【マヅメ】

マヅメとは、夜明けと夕暮れの薄暗い時間帯のことです。
この時間帯は魚の活性が一時的に上がることが知られています。
マヅメも基本中の基本の釣り用語なので絶対に抑えておいてください。

 

 

【むこう合わせ】

むこう合わせとは、合わせを入れていないのに魚が勝手にハリに掛かること。
合わせを入れるか、むこう合わせするまで魚の食い込みを待つかなど、釣りの会話をしているとよく出てくる用語です。
わかりやすいですし、必ず覚えておいてほしいと思います。

(※五十音順)

 

 

絶対に覚えてほしい、釣りならではの言い回しを幾つか紹介しました。
これらは基本中の基本なので、ぜひすべて覚えてくださいね!

 

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住の38歳 今でこそジギング、アジング、メバリング、テンヤ、タイラバ、色々やりますけど、数年前まで釣りなんてエサをチャポンと投げてボーっとしている面白みのない道楽だと思っていたのですが、海のある街に住んだ事でその考えが一変! 実は釣りって面白い!